ダイエットテクニック

MENU

誰でも毎日簡単に続けられる簡単ダイエット方法とは?

ダイエットしたいけど、無理な運動、または食事を我慢するなどしてしまうと、逆にそれがストレスになってしまい、その変動で体重が増える原因にもなってしまいます。そこでまずはやせるための習慣を毎日少しずつでも取り入れていくことがダイエットの成功の近道なのです。そこで今回は簡単で、実行しやすく習慣となるダイエット方法を紹介します。。   

 

 

一口食べたら20回以上噛む習慣を!

オカズにごぼうや竹の子など硬い繊維質なものを多く取り入れ、20回以上噛むという習慣を取り入れましょう。
食事に20分以上かければ、普段より少ない量の食事で満足できるようになります!
ゆっくり時間をかけて食べるために、利き手ではないほうの手を使って食べる方法もおすすめです!

 

ご飯の茶碗を小さめに変える!

 

食のご飯の量を大人用ご飯茶碗1杯分約160g(約270キロカロリー)から100g(約170キロカロリー)に変えてみてください!
また、子供用のお茶碗ならご飯の量を減らさず1杯分山盛りいっぱいよそえますのでぜひ試してみては!

 

やせる主食はパンよりご飯!!

 

ご飯を主食とすることをお勧めします。
パンをどうしても食べたいという場合には、噛み応えのあるフランスパン、ライ麦パン(1切れ30g約80キロカロリー)に変えることをお勧めします。噛み応えのあるタイプなら1切れでも以外に満腹考えられるはずですよ!

 

コーヒー、紅茶はブラックに変えてのむ!

 

コーヒー、紅茶はブラックで飲むのをお勧めします。ブラックなら0キロカロリー。
砂糖をどうしても入れたい場合には、ダイエット甘味料を利用し、カロリーカットを心がけましょう。

 

おやつにファーストフード!?

おやつの代わりにファーストフードはなるべく避けましょう。
せめて食事の一つとして食べましょう!利用回数など減らすこともダイエットの近道の1つです。

 

空腹時にはお水、または炭酸水を1杯!

 

食前に水を1杯飲むのをお勧めします。あまり冷たすぎない水をゆっくり、一口ずつ噛む様に味わって飲むのがポイントです。
不思議とお腹が落ち着きます。または、炭酸水を飲むのもおすすめです。
胃の中で炭酸ガスが膨らみ満腹感を得ることができます。
炭酸ガスにより超のぜん動運動を促進でき、デトックス効果も期待できます。

 

太らない食事の食べ方の順番は、、、

まずは野菜です。食物繊維が多い野菜料理を先にお腹に入れておくと、その後の炭水化物や脂肪をゆっくりと消化、吸収することができます。その結果、血糖値が急激に上がることを抑えてくれます。

 

 

低カロリー食材で美味しくダイエット!お肉の脂身を残すことで、カロリー40〜50%もダウン!

牛肉、豚肉なら、脂身の少ないひれやモモ、
鶏肉ならササミを選びましょう。

 

とんかつを食べるのでも、ロースよりひれを選んだほうが低カロリーになります。
きのこや海藻、こんにゃくなど食物繊維が豊富なのにほとんどカロリーはありません。
おまけに量が多いので満腹感も味わえる食材です。

 

夜になにか食べたいと思った場合は歯磨きがおすすめ!

夜は脂肪の蓄積度がアップする時間帯。欲望のまま食べてしまうと理想の体重から遠ざかってしまいます。
そんなときは5分間かけてていねいに歯磨きをして見ましょう。
歯磨きすることなにか食べたくなっても「さっき歯磨きしたから食べるのはやめておこう」と考えるようになり、結果食べることを防げるというわけです。

 

空腹で眠れないときはホットミルクを!

どうしてもお腹が空いて眠れないときは、温めた牛乳1杯をゆっくり飲んでください。
温めてあげれば、ゆっくりのむことができ、心もお腹も落ち着かせることができるのです。
また牛乳は良質のたんぱく質が豊富な食品です。夜は脂肪のほか、筋肉なども活発に作られるので、夜のむことで筋肉を補給するメリットができるのでとてもおすすめです。

 

>>トップページ【夜スリムトマ美ちゃんの口コミ】へ戻る